2000SS アーティザナルライン 転写カットソー 

こんにちは。Masaです。

花冷えのするここ長浜。

こんなときには

ボディに

軍物のアンダーウエア生地を使用した

こちら

2000SS

アーティザナルライン

転写カットソー

軍物にはよく見られる

丸胴仕様に長リブがポイント。

体操服のような肉厚で

ふわふわやわらか生地。

アーティザナルラインの証。

013

010

014

015

016

フランス製タグも堪らない。

表記されてる

BRUSHED COTTON

(ブラシをかけた綿素材)

因みに

生地表面を軽めに起毛させ

ソフトな手触り感を出した

コットンをブラッシュド・コットンといいます。

生地表面をけばだたせて

やわらかな風合いにすること。

起毛させた繊維に空気を含むことで

より高い保温効果を 持たせることができる為

花冷えのこんな時期にもピッタリ。

018

この時代のローマ字

KOKONOEタグがやっぱり大好物。

001

着用時

肩の落ち感のあるシルエットが◎

いつもより

サイズをひとつあげて着用すると

ほどよくゆるさやヌケ感が表現され

初期マルジェラの「なんかいい」が発動され。

002

020

003

久々に

2002SS

アーティザナルのモッズコートのインナーにでも…

やっぱり個人的には

やりすぎない

がんばりすぎない再構築に一票。

kokoe

直感を大事に

もっと 

ようふく を純粋に楽しむことを忘れずに。

いままでも

そして

これからも。

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。