2018AW gicipi ゆったりサーマルとハッピージャケット

こんにちは。Masaです。

盂卯の定番。ジチピの定番。

いつものアレがいつものように。

毎シーズン好評で

イタリア生産のニットソーと言えば

gi.ci.pi.(ジチピ)

1948年イタリア

パドバでアンダーウエアのファクトリーとして設立。

ジチピの製品は世界各国で販売されており

日本へは2003年より継続して販売されています。

ジチピは自社で生地の編みたてを行います。

その生地はニットの生地と同じ様に編まれているので

保温性をもちドライ感があります。

自社で編みたてた生地を

何度も洗いのテストにかけます。

そしてその結果を基に ねじれ の起こさない生地を製作します。

その生地で作ったジチピの製品は洗濯を重ねてもねじれません。

ジチピの創業時イタリアでは

生産工程のCMTをもった工場が当たり前でした。

C=Cut(裁断) M=Make(縫製) T=Tretment(仕上げ) ですが

近年第三国生産が増え

先進国の工場では生産工程CMTを分けるようになりました。

CMTを分けることで

製品が幾つもの外注の生産工程CMTで作られることになり

製品の価格が高くなります。

ジチピ社では

創業時から生産工程すべてを自社で一貫して行うことで

現在でもジチピ社は低価格で商品を提供できています。

と薀蓄はこのぐらいで…

裾が切りっぱなしのぴったりシルエットと

裾リブのゆったりシルエットの2型入荷致しました。

2018AW

gicipi

ゆったりシルエットのサーマル 5,800(税抜き)

size; 3 4 5

MADE IN ITALY

col; ホワイト

4を着用。

col; コヨーテブラウン

RUMIが

コヨーテブラウンの3Sサイズと

2018AW

WILD THINGS ワイルドシングス

ハッピージャケット 35,000(税抜き)

トープのLサイズを着用。

久しぶりに弟君が登場。

弟君のプライバシーを配慮して目隠し加工をしております。

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。